2012/01/11

win機へubuntuをインストール

年末になんとなくubuntuを使いたくなったので、手元のノートパソコンへインスールすることにしました。
パソコンの仕様は
TOSHIBA dynabook BX(PABX33ML)
CPU インテル® Pentium® プロセッサー P6000(1.86GH)
チップセット インテル® HM55 Expres
HDD 320GB
メモリ 2GB
という、linuxには快適すぎる環境。適当に空きパーテーションをつくる。
Ubuntu9.04のCDがあったので、そのままインストール。
10.04LTSを入れたかったので、AlternateCD版をダウンロード・CD-Rへ焼いて再起動すると、「アップグレード対象外」との事。
9.10からなら一発で行けるそうなので、9.10のAlternateCD版をダウンロードして
$ mkdir /mnt/Alternate $ sudo mount -o loop ~/Desktop/ubuntu-09.10-alternate-i386.iso /mnt/Alternate
でマウント。
$ gksu "sh /mnt/Alternate/cdromupgrade"
するとなぜかリポジトリエラー。
なので、無理やり vi /etc/apt/sources.list して以下の行を追加。
deb file:/mnt/Alternate main
deb-src file:/mnt/Alternate main #必要か不明
保存したら、
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade
でアップグレード実行。
今度はうまくいったので、さっき作った10.04LTSのAlternate版を使ってアップグレード
(今度はCD入れたら自動でやってくれました。)

でめたく10.04へアップグレードして再起動すると。Xが真っ黒。
手探りでユーザ名とパスワード入れるとXは立ち上がっている模様。
チップセットが対応していないようなので、リカバリーモードで起動してX.orgを書き換え。
この辺を参考に
Section "Device"
Identifier "Configured Video Device"
Driver "vesa"
EndSection
とかしながら、何とか低グラフィックモードで起動できたので、
$sudo apt-get update
$sudo apt-get upgrade
すると認識して通常通り起動しました。
bootまわりはここを参照。

あとはAcpiまわりを対策すれば完璧。
Posted at 01:40 in linux::ubuntu | WriteBacks (0) | Edit
Tagged as: ,

2012/01/10

あけましておめでとうございます

2012年になりました。

今年もよろしくお願いします。
Posted at 18:18 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

2011/10/09

iPhone4S販売決定

ついにsoftbankとauからiPhone4Sが発表になりました。
最初はsoftbankを解約してauの携帯をiPhone4Sにしようかと思いましたが、softbankの発表を聞いて現状のままauは携帯、softbankはiPhoneで行くことに決定。
3GSユーザなので、さっそく予約。 家族会議の結果、追加料金が出なければ機種変OKとのことなので16gbを予約しました。

初日はシステムダウンするほどの申し込みだったようです。
14日に受け取りできるんだろうか・・・。

楽しみですね。

softbankのiPhoneページ
http://mb.softbank.jp/mb/iphone/

auのiPhoneページ
http://www.au.kddi.com/iphone/
Posted at 11:19 in iPhone | WriteBacks (0) | Edit
Tagged as: , ,

2011/07/24

地デジ化

本日12時、完全地デジ化となりました。
Posted at 12:26 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

2011/07/13

sqlite3のDLLを作る。

諦めていたわけではないのですが・・・。
mingw32を使うと割とスムーズにできたので・・・。

まずは、sqlite3ダウンロードページからソースが一つにまとめられた amalgamation 版をダウンロードします。
で、コマンドプロンプトでダウンロードしたフォルダへ移動して


>c:\MinGW\bin\gcc -mrtd -c -O2 -DSQLITE_THREADSAFE=1 -DSQLITE_API="__declspec(dllexport)" sqlite3.c

でコンパイルして

>c:\MinGW\bin\gcc -shared -o sqlite3.dll sqlite3.o -Wl,--add-stdcall-alias,--kill-at,--out-def=sqlite3.def

でDLLが出来上がります。

この方法だと__stdcallで出来上がるそうなので、vbから呼び出しokです。
(-mrtdを渡すことで既定の規約を__stdcallへ変更できる)

sqlite使って遊びましょう。
Posted at 00:49 in program | WriteBacks (1) | Edit
Tagged as: , , ,

Page 1 of 6: 1 2 3 4 5 6 »